2006年07月23日

美化200%

森永ビスケット「シルフィー」のCMTV
ご覧になりましたか?


まだの方はコチラ→★★★
※携帯からは見れませんあせあせ(飛び散る汗)


音叉をくわえ、右手でチューニングハンマーをもち
「A」の音を鳴らすピアノ調律師。
(大好きな唐沢寿明様!)


「ピアノどうですか?」と
お茶とお菓子を持って現れるピアノの持ち主。
(綺麗な女優さん!)


これって…

十数年前の私とオットじゃんひらめき

(* ̄m ̄)プッ


そうです。実はこんな出会いだったのよ。

同じ会社にいたので、顔見知りではあったんだけど
こうやって家に調律に来てくれるまでは、講師と調律師って何の接点もなかった。


ピアノ調律師という地味でマニアックな職業が、有名な俳優さんでこうしてCMに出演している…

それだけで嬉しいワタクシわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

それに、出会いを懐かしく思い出させてもらってなんだかくすぐったいなぁ猫

ま、奴は唐沢様程かっこよくなかったけどね爆弾

「お前もな」…こりゃまた失礼どんっ(衝撃)


だけどね…
私はオットの「調律してる真剣な姿」が未だに一番好きなんよ黒ハート

何せ、普段がボーーーーーーーっとしてるだけにねぇいい気分(温泉)


ミナサマの出会いは、どんなふうでしたか?
posted by 鈴 at 01:23| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | うふふの夫婦ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うっわぁ〜!素敵な出会い方だわぁ〜! しかも、今でも旦那さまの調律している姿にときめく鈴さん。可愛い!(*^_^*)そういや、こないだの発表会でも久々に旦那さまのそのお姿を見て喜んでたみたいだし。そーゆーの、私の理想なんです!うちの夫婦の出会いは、母親同士が知り合いだったという、しょーむないものです。
Posted by 夕海 at 2006年07月24日 18:12
☆夕海さん☆

いやぁ…素敵だなんてオハヅカシイ(〃∇〃)
まぁ結婚15年目の夫婦には普段すっかり「のろけ」ネタが無くなっちゃってるので、たまには良いかな?と思って記事にしてみました!

実際にオットが調律してる姿を見ることって滅多にないんですよ。
オットは普段が天然でボ〜〜っとしてる分、真剣な表情にギャップを感じて嬉しくなりますね♪

え?お母様同士がお知り合い??
それって何かと都合が良い気がしますが…いかがでしょ?
Posted by 鈴→夕海さん at 2006年07月25日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21231231

この記事へのトラックバック

音叉
Excerpt: 音叉音叉の写真音叉(おんさ)は特定の音高|高さの音を発する道具である。1711年にイギリス人ジョン・ショアJohn Shoreが発明し、楽器のチューニング (音楽)|チューニングに便利なため、瞬く間に..
Weblog: 音楽を奏でる(理論編)
Tracked: 2006-08-09 05:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。